毛皮を長持ちさせるにはクリーニングが最適

毛皮はカビが生えて痛みやすい素材のひとつです。冬場、着用していると汗を吸ったり、汚れが付着するなどしてカビが繁殖しやすくなっている上、水を使用して洗うことはできませんし、水を使用しないドライクリーニングをしてもカビが発生してしまうと致命的です。また、目に見えない小さな虫が付いてしまうこともあります。虫は毛を食べて生き続け、臭いの原因にもなってしまいます。クリーニングに出すことで殺菌と消臭ができるので、冬に使用した毛皮製品は年に一度クリーニングに出してきれいにすると長持ちします。 毛皮は特殊な素材であるため、一般的なクリーニング業者では洗うことができないため、毛皮専用の設備を持った工場に持ち込まれることがほとんどのようです。持っている業者に出すことが大切です。毛皮はパウダー洗浄という特別な粉で汚れを落とします。そのため、確かなノウハウがあり、確実で丁寧に汚れを落としてくれる業者を選ぶことが大切です。